ASP.NET Web API で レスポンスヘッダー の設定

0 件のコメント

Web API を利用していると、簡単に レスポンスヘッダー を調整することができます。 ほとんどは HttpResponseMessage クラス の設定で処理を行います。 以下に、ケース別の具体例を掲載します。

目次

Content-Type の書き換え

何も設定しない場合、application/json になるので、ここでは text/plain に設定する例を掲載します。

namespace WebService
{
    using System.Text;
    using System.Web;
    using System.Web.Http;

    public class SampleController : ApiController
    {
        public string Get()
        {
            var response = this.Request.CreateResponse(HttpStatusCode.OK);

            response.Content = new StringContent("Hello World.", Encoding.UTF8, "text/plain");

            return response;
        }
    }
}

ステータスコード の書き換え

namespace WebService
{
    using System.Web;
    using System.Web.Http;

        public HttpResponseMessage Post()
        {
            try
            {
                // 何か処理

                return this.Request.CreateResponse(HttpStatusCode.OK);
            }
            catch
            {
                return this.Request.CreateErrorResponse(HttpStatusCode.InternalServerError, "エラーメッセージ");
            }
        }
}

カスタムレスポンスヘッダー

namespace WebService
{
    using System.Web;
    using System.Web.Http;

    public class SampleController : ApiController
    {
        public HttpResponseMessage Options()
        {
            var response = this.Request.CreateResponse(HttpStatusCode.OK);

            response.Headers.Add("Access-Control-Allow-Origin", "*");
            response.Headers.Add("Access-Control-Allow-Methods", "GET, POST, OPTIONS");
            response.Headers.Add("Access-Control-Max-Age", "1728000");

            return response;
        }
    }
}

今回、以下のサイトを参考にしました。