ASP.NET + StyleCop で発生する警告の回避方法

0 件のコメント

ASP.NET + StyleCop で発生する SA1633 の警告をルールを切らずに回避する方法。

原因は、Debug または Release フォルダ配下に自動生成される TemporaryGeneratedFile_<GUID>.cs ファイルです。 このファイルは空ファイルなので、ヘッダーがないと怒られてしまいます。

該当するファイルを静的解析の対象から外すことで回避します。 具体的には、以下に示すように設定ファイルへ追記します。

Settings.StyleCop

<StyleCopSettings Version="105">
  <Parsers>
    <Parser ParserId="StyleCop.CSharp.CsParser">
      <ParserSettings>
        <CollectionProperty Name="GeneratedFileFilters">
          <Value>\\TemporaryGeneratedFile_.+\.cs$</Value>
        </CollectionProperty>
      </ParserSettings>
    </Parser>
  </Parsers>
</StyleCopSettings>

今回、以下のサイトを参考にしました。