黒猫 SQL Studio で .mdf (SQL Server データベース ファイル) を 開く

0 件のコメント

そこに存在する SQL Server Express の データベース ファイル(拡張子 .mdf のファイル) を、黒猫 SQL Studio で開いて内容を見る方法です。 黒猫 SQL Studio は無料のツールでインストールが不要(配置のみで動作)なので、個人的には好んで使っています。 SQLコマンドはもちろん、デーブル内容の閲覧もできます。 以下では .mdf ファイル を 黒猫 SQL Studio で開くまでの手順を記載します。

黒猫ソフトウェア工房

  1. 黒猫 SQL Studio メニュー
    [データベース]-[データベースに接続]を選択します。
  2. データベース接続
    [新規追加]ボタンを押下します。
  3. 接続文字列の編集
    接続文字列のオプションを選択します。
  4. データ リンク プロパティ
    「プロバイダー」タブで「Microsoft OLE DB Provider for SQL Server」を選択して、[次へ]を選択します。
  5. 「接続」タブで、以下の設定を行って、「OK」を選択します。 (必要であれば、接続テストします。)
    1:
    .\SQLEXPRESS(固定文字列)
    2:
    Windows NT の統合セキュリティを使用する
    3:
    データベース ファイルをデータベース名として添付する
    論理名:(任意文字列)
    ファイル名:(.mdfファイルへのパス)
  6. 接続文字列の編集
    「接続名」を任意の名称に変更して、[OK]を選択します。
  7. データベース接続
    先ほど作成した接続情報を選択して、[接続]を選択します。
  8. 黒猫 SQL Studio データベース
    接続ができちるとデータベースの内容が表示されています。