Eclipse の インストール (Windows)

0 件のコメント

Eclipse を ダウンロード して インストール するまでをまとめます。 おまけとして初回起動時の設定も記載しておきました。

目次

Eclipse の ダウンロード

Eclipse の サイトから インストーラ を ダウンロード して インストール を行います。 かつては zip ファイル を落としてきて適当な場所に解凍…だったのが、今はインストーラに変わったようです。

  1. トップページ の ダウンロード を押下。

  2. OS を 選択。

  3. 該当する ビット を選択してダウンロード。

Eclipse の インストール

  1. "Eclipse IDE for Java EE Developers" を選択。

  2. インストール先を確認して「INSTALL」 を選択。

  3. ユーザー規約を確認して「Accept Now」を選択。

  4. インストールが自動的に始まるのでしばらく待つ。

  5. インストール完了後、右上の「×」を選択。
    (「LAUNCH」を押下すると起動しますが…インストーラをコピーするか聞かれて面倒なので「×」でいったん閉じるのがおススメ。)

  6. アプリを起動するかの確認は「No」を選択。

[おまけ] Eclipse の 初回起動

Eclipse 初回起動時 は 少しばかり設定が必要なので使えるようになるまでの手順を記載しておきます。 ここでは「デフォルトのワークスペース」と「デフォルトのエンコード」の2点を設定します。

  1. ワークスペースの設定

    1. ワークスペースを設定して「OK」を選択。

      設定は任意のフォルダで構いません。 後で変更することもできます。 Visual Studio の場合は […\マイドキュメント\Projects] といった場所に相当する場所の指定です。

  2. デフォルトエンコードの設定

    1. [Window]-[Preferences]を選択。

    2. [General]-[Workspace]を選択。

    3. Text file encoding にある設定を [Other]-[UTF-8] に変更。

  3. 初期画面の表示

    1. 設定は終わったので「Welcom」ページを閉じる。

    2. Java EE のパースペクティブになる。

Webアプリケーションでは UTF-8 が多いのでそのように変更しましたが… 業務環境によっては Shift-JIS の可能性もあるのでご注意ください。。

ちなみに、エンコードのデフォルト設定を変更する場合、以下のファイルに設定を追記することでできます。

設定ファイル

C:\Users\%ユーザー名%\eclipse\jee-mars\eclipse
└eclipse.ini

追記内容

eclipse.ini の末尾に以下のコードを追記します。

-Dfile.encoding=UTF-8