MongoDB コマンド "mongo" の 使い方

0 件のコメント

MongoDB へ接続する クライアント モジュール mongo の使い方…といっても接続するまでですがまとめました。


目次

  • 基本オプション
    • --host
    • --port
    • --username
    • --password
    • --shell
  • ファイル
    • .dbshell
    • .mongorc.js

基本オプション

オプション 説明
--host <hostname>

アクセスしたい MongoDB サーバー のホスト名を指定します。 ホスト名を指定しない場合は localhost へ接続します。

--port <port>

MongoDB サーバー へアクセスするポート番号を指定します。 ポート番号を指定しない場合は 27017 へ接続します。

--username <username>, -u <username>

認証機能が有効化された MongoDB へアクセスする際のユーザー名を指定します。

--password <password>, -p <password>

認証機能が有効化された MongoDB へアクセスする際のパスワードを指定します。

--authenticationDatabase <dbname>

認証したいデータベース名を指定します。

ファイル

.dbshell

mongo シェルで実行されたコマンドの履歴が保存されます。 ファイルはホームディレクトリ ( %UserProfile% ) 直下に自動生成されます。 Windows の場合は例えば以下のような場所になります。

%UserProfile%

C:\Users\<ユーザー名>\.dbshell

.mongorc.js

.mongorc.js ファイルを所定の場所 ( %UserProfile% または %ProgramData% ) 直下に配置しておくと mongo 起動時に自動的に .mongorc.js を読み込み実行します。 これを使うと、シェル実行中に共通で使いたい変数や関数をあらかじめ定義しておくことができます。 .mongorc.js は ユーザー定義 (%UserProfile%) よりも グローバル定義 (%ProgramData%) が先に読み込まれます。

.mongorc.js を読み込んでほしくない場合、 --norc オプションを付与して mongo を起動することで読み込まないようになります。

Windowsの場合、例えば以下のような場所になります。

%UserProfile%

C:\Users\<ユーザー名>\.mongorc.js

%ProgramData%

C:\ProgramData\MongoDB\.mongorc.js

参考記事