Typings の 使い方

0 件のコメント

Typings で よく使う 基本的なコマンド についてまとめてみました。

目次

基本操作

定義のインストール

typings/ ディレクトリ配下に型定義情報を書き込みます。

typings install [<ソース>~]<パッケージ名> [--global] [--save]
ソース
型定義が保存されているデータソースを指定します。 指定できるデータソースは後述の「利用可能なソース」を参照してください。
パッケージ名
インストールしたい型定義の名前を入力します。 どのような型定義が利用可能かは、後述の「定義の検索」を参考にして探します。

例えば、 node の型定義をインストールする場合、以下のようなコマンドを実行します。

typings install dt~node --global --save

定義のアンインストール

typings/ ディレクトリから型定義情報を削除します。

typings uninstall <パッケージ名> [--global] [--save]
パッケージ名
インストール済みの型定義名を入力します。

例えば、 node の型定義をアンインストールする場合、以下のようなコマンドを実行します。

typings uninstall node --global --save

定義の検索

Typingsレジストリから依存情報を検索します。

typings search [[--name] <パッケージ名>] [[--source] <ソース>]
パッケージ名
検索したい型定義名の一部を入力します。
ソース
検索先のデータソースを指定します。 指定できるデータソースは後述の「利用可能なソース」を参照してください。

「angular」の文字列を含むの型定義を探す場合、以下のようなコマンドを実行します。

typings search angular

インストール済み定義の一覧表示

インストール済みの型定義情報を一覧表示します。

typings list 

おまけ

利用可能なソース

ソース名 説明
npm NPMから検索します。
github GitHubから検索します。
bitbucket Bitbucketから検索します。
bouwer Bowerから検索します。
common "source"以外の標準ライブラリから検索します。
shared 共有ライブラリ機能。
lib 「shared」と同じ。
env atomelectron といった環境。 --global でインストールします。
global グローバルライブラリ(window.<var>--global でインストールします。
dt DefinitelyTyped から探します。 ほとんどのライブラリで --global でインストールします。

よく使うライブラリの型定義

  ライブラリ パッケージ名 ソース ホームページ
Node.js node dt http://nodejs.org/
Express express dt http://expressjs.com
AngularJS angular dt http://angularjs.org
jQuery jquery dt http://jquery.com/
React.js react dt http://facebook.github.io/react/
Underscore.js underscore dt http://underscorejs.org/
Backbone.js backbone dt http://backbonejs.org/

上記でチェックしたものをまとめてインストールする

typings install dt~node dt~express dt~jquery --global --save

参考記事