ASP.NET MVC の フィルター 実行順序

0 件のコメント

組込 アクションフィルター は、 FilterAttribute を継承しています。 また、どの クラス 、 インターフェース も System.Web.Mvc 名前空間に属しています。

※ 独自フィルターの実装方法は こちら

以下に主な アクションフィルター の実行順をまとめます。

実行順 説明 組込クラス インターフェース イベント
1 承認 AuthorizeAttribute IAuthorizationFilter OnAuthorize
2 アクションメソッド の 実行前 ActionFilterAttribute IActionFilter OnActionExecuting
3 アクションメソッド の 実行(Controller の処理を実行)
4 アクションメソッド の 実行後 ActionFilterAttribute IActionFilter OnActionExecuted
5 ビューエンジン の 実行前 ActionFilterAttribute IResultFilter OnResultExecuting
6 ビューエンジン の 実行(cshtml の生成処理)
7 ビューエンジン の 実行後 ActionFilterAttribute IResultFilter OnResultExecuted
その他 例外発生時 HandleErrorAttribute IExceptionFilter OnException

上記 フィルター に関する MSDN を以下でまとめています。

フィルター を独自実装する際の基本クラス

フィルター インターフェース の 組込実装 クラス

フィルター インターフェース

今回、参考にしたサイトは以下の通りです。