GitHub の プロジェクトページ を 自動生成 & 公開 する 方法

0 件のコメント

GitHub で 作成した アプリ や ツール を WEBページ にして公開したい!! そんなことを実現できる機能として「GitHub Pages」があります。 GitHub Pages では プロジェクト に関連する ホームページ、WEBサイト の公開、運用ができます。

この、GitHub Pages を作る方法は以下の2種類があります。 ここでは、GitHub Pages を自動生成、公開する手順を見ていきます。

自動生成は テンプレート があるため、最初からそれなりの WEBページ 作成が可能なので、個人的にはオススメです。

自動生成 & 公開

  1. WEBページ を作成したい プロジェクト を開きます。
  2. プロジェクト の "Settings" を開きます。
  3. "Options" を選択します。
  4. 中段までスクロールし、"Automatic Page Generator" を選択します。
  5. 以下の項目を修正して、"Continue to Lyout" を選択します。
    • Project Name:プロジェクト名
    • Tagline:プロジェクトの説明
    • Body:本文("Load README.md" を選択するとラク)
    • Google Analytics Tracking ID:Google アナリティクス の トラッキングID(必要であれば)
  6. 好きなレイアウトを選択します。(選択すると下段にプレビューします。)
  7. "PUBLISH+" を選択して完了します。
  8. WEBページ が公開されるまで 10分 程度待ちます。 10分後に メッセージ 中にある URL を選択すると ページ が公開されています。

GitHub Pages は "gh-pages" という名前の ブランチ で運用されます。 ページができあがった後は、"gh-pages" ブランチを編集することで、WEBページが更新されます。

今回、参考にしたサイトは以下の通りです。