GitHub で WEBページ を公開する方法 まとめ

0 件のコメント

せっかく作ったものを実際に動かせるサンプルページが公開できたら… そんなことを実現できる「GitHub Pages」という機能があります。

GitHub Pages では プロジェクト に関連する ホームページ、WEBサイト の公開、運用ができます。

以下では、 GitHub Pages の 種類、作成方法、基本知識の観点でまとめます。

GitHub ページ の種類 と 作成方法

GitHub ページ には次の 2種類 が存在します。 いずれの種類にしても、レポジトリの作成が必要です。

  • ユーザー/組織 ページ (GitHub アカウント に対して WEBページ を作成)
  • プロジェクト ページ (レポジトリ に対して WEBページ を作成)

GitHub ページ を作成 & 公開する方法は次の 2通り が存在します。

  • 手動作成 & 公開 (HTML を ゼロ から作成)
  • 自動生成 & 公開 (デザインテンプレート、README.md を利用して作成)

各組み合わせ通りやり方がありますが、以下のパターンについて実際の方法を記載しています。

GitHub ページ の 基本知識

  • 1レポジトリ(1プロジェクト) に対して 1サイト 作成できる
  • プロジェクトページ は レポジトリの "gh-pages" ブランチ が WEBページ になる
  • ユーザー/組織 ページ は username.github.io という名前のプロジェクトにする
  • ユーザー/組織 ページ は レポジトリの "main" ブランチ が WEBページ になる

今回、参考にしたサイトは以下の通りです。